[ソフトウェア開発] step(sloc)数と比較した不具合/バグ密度、試験/テストケース密度の数値まとめ

 ソフトウェア開発の規模・バグ密度・試験密度などの平均・中央値をまとめてみます。

 ソースはソフトウェア開発分析データ集2020です。

https://www.ipa.go.jp/files/000085879.pdf

 そのままだと読みにくいのでこのような記事にまとめました。

 ここで表すSLOCはコメント・空行を含まないコード行数です。

 1人月でどのくらいのstep数を生産できるかについてもこちらの記事にまとめています。よかったら見てみてください。

step(sloc)数と比較したリリース後の不具合/バグ密度


 1KSLOCにいくつ不具合/バグがあるかの平均値をまとめました。

 品質の基準になると思います。

新規開発

件数/KSLOC平均
全体0.109
~40KSLOC0.126
~100KSLOC0.122
~300KSLOC0.118
300KSLOC~0.048
ソフトウェア開発分析データ集2020 p28

改良開発

件数/KSLOC平均
全体0.153
~20KSLOC0.281
~40KSLOC0.070
~100KSLOC0.053
~300KSLOC0.027
300KSLOC~0.032
ソフトウェア開発分析データ集2020 p31

step(sloc)数と比較したテスト/試験で検出したバグ/不具合密度


 テスト・試験段階で検出した1KSLOCごとのバグ・不具合密度です。

 品質や十分にバグだしができているかの基準になると思います。

 現象・原因にどういう違いがあるのかわかりません。。。

新規開発

件数/KSLOC中央値平均値
結合テスト検出バグ数(現象)1.7172.221
結合テスト検出バグ数(原因)1.0951.623
総合テスト検出バグ数(現象)0.3040.597
総合テスト検出バグ数(原因)0.2390.427
ソフトウェア開発分析データ集2020 p60

改良開発

件数/KSLOC中央値平均値
結合テスト検出バグ数(現象)0.97434.521
結合テスト検出バグ数(原因)1.10137.310
総合テスト検出バグ数(現象)0.1563.833
総合テスト検出バグ数(原因)0.2173.894
ソフトウェア開発分析データ集2020 p63

step(sloc)数と比較したテストケース数の密度


 1KSLOCごとに何件のテストケースがあるかの中央値・平均値をまとめました。

 試験書作成するときの基準になると思います。

新規開発

テストケース数/KSLOC中央値平均値
結合テスト35.857.45
総合テスト8.3226.81
ソフトウェア開発分析データ集2020 p60

改良開発

テストケース数/KSLOC中央値平均値
結合テスト62.43641.91
総合テスト22.25183.36
ソフトウェア開発分析データ集2020 p63

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です